gコラム

ファンタスティックビーストを観た感想

ファンタスティックビーストを観てきました!

ハリーポッターは実は最近一気見して、完全に内容を把握しきれているわけではないのですが、
その世界観にハマり、ファンタスティックビーストは以前から楽しみにしておりました。

ただ、ハリーポッターの世界とはちょっと違いますね、魔法界が舞台ではないので、
ちょっと雰囲気が違うかもしれません。
1926年のアメリカ、ニューヨークが舞台なので、森が多いしげる自然の大地みたいな感じではありません。

主人公のニュート・スキャマンダーは後にハリーポッター達が使う教科書を書く人(魔法生物研究者)
とのことです。

 

もちろん魔法は使えますが、戦いは魔法と動物の特殊能力を利用した戦略を取り、

そこがニューとの魅力でこの映画の特徴でもあるかなと思います。

 

宿敵のグレイヴスとの対決で見せてくれます。


ここからがちょっと短所。。というか残念に思ったところ。
基本的に魔法がなんというか、

呪文を唱えるとかではなく、スターウォーズの暗黒面のフォース的な感じでバリバリ攻撃するので、

魔法感がちょっと損なわれているのが残念。

 

あと、動物を保護し、育て、還す部分をもっと掘り下げて、
全く話が関係ないグレイヴスやとある人物との戦いはいらなかったのでは・・・

この戦いのせいで、魔法会の動物についての内容をカットしなくてはならなくなっている感じです。
後々話がこれに繋がってくるのだろうなと思うとしょうがないのですが、、
個人的には最後にちょっとにおわすくらいで良かったかもしれないと思いました。

 

まあ、それくらい実は魔法界の動物達が可愛く魅力的だったんです。

 

個人的には、袋を持ったモグラみたいな金品を集めてしまうニフラーと、

植物と虫の中間的な生き物(?)が可愛くて好きでした。

 

続編があるようなので、今から楽しみにしております!
ギター教室の先生たちともこの話になり、ギターの先生にもハリーポッターファンが多いことが分かりました(笑)

 

興味がある方は、是非見てみることをお勧めします。