gコラム

 

ウォーキングデッドにハマってます

最近ウォーキングデッドにハマってます。

 

最初はyoutubeでゲームのプレイ動画を見てましたが、
はまって洋ドラマのDVDを借りて見始めました。

 

どっちも面白いです!

 

世界の多数の人間がゾンビ化し、その中で生活する人間達の話なのですが、
一番の見所は人間ドラマですね、人間関係。

 

たまに思うのですが、ゾンビが蔓延して世界が無法状態になった時、
一番怖いのはゾンビではなく人間なのではないかと。

 

素手で襲ってくる、ドアを開けられないゾンビより、
強奪のために銃などを武装してドアやバリケードを突破してくる人間の方がはるかに恐ろしい。

 

ウォーキングデッドではそれがもろに描かれています。

 

襲ってくるゾンビを殺すのは日常茶飯事なので、
出てきても、「ここは私が」みたいな感じで登場人物の誰かが毎回あっという間にやっつけてしまうので、
そんなにゾンビ自体に恐怖は感じなくなってきます。

 

ゾンビに感染してしまった人の、死にゆく恐怖はありますが。

 

 

僕がウォーキングデッドで一番怖かったのは、
人を食べる人達が出てきたことですね。

 

食料として、普通に食べるようになってしまった。
世界が無法状態になってしまったらありえるのかなと思います。

 

そして、人を食べていることを隠している。

 

 

つかまった主人公達は、縛られ、家畜の精肉場みたいな場所で
次々と頭をバッドで殴られた後首を掻っ切られ肉にされていく。

 

ゾンビに襲われるよりずっと恐ろしい・・・。

 

自分が食べる側でも、そんなことして生きるなら餓死した方がいいなと思ってしまう。
でもそういう世界になったら、それば普通になってしまう人達も出てくるかもしれないですね。

 

 

ちなみに、そこでどうなるか?
誰がどうしてどう生き残るか?みたいな先が気になることが、このドラマの大きな推進力になっていて、
このドラマを面白い、観たいと思う人の理由は、もうそれにつきるのではないかと思います。

 

ここまで行くと難しいけど、
エンディングはハッピーなものであってほしいと思います。