gコラム

 

僕が一番復活してほしい日本のバンド

日本人のバンドで、無理だと思うけど復活してほしいなぁ、というバンドは、
ブルーハーツです。

 

子供の時に、すっごくハマりました。
特に、ブルーハーツの歌詞の世界観に共感しました。

 

弱い者達が、上手く生きられない歌詞。
それでも一生懸命何かを感じようとして、生きようとしてるのが歌詞からビシバシ伝わってきました。
そして曲やギター、ハーモニカフレーズオシャレ!

 

今こんな歌詞でバンドやってる人はそういないかなと思います。
ていうかレコード会社で売ってもらえないかなと。

 

ボーカルのヒロトさんは、ライブのセッティング等、音のバランスを、
歌詞がちゃんと聞けるようにしてほしいとこだわったそうです。
ただはじけるのではなく伝えたかったのですね。

 

 

ブルーハーツの歌詞で、好きな部分を少し羅列してみます。

 

「おまえなんかどっちにしろいてもいなくても同じ、そんなこと言う世界なら僕が蹴りを入れてやるよ」

 

「生まれたところや皮膚や目の色で、いったいこのぼくの何が分かるというのだろ」

 

「世界中に定められたどんな記念日なんかより
あなたが生きている今日はどんなに素晴らしいだろう
世界中に立てられてるどんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう」

 

 

「あなたの言葉がまるで旋律のように頭の中で鳴っている、TOO MUCH PAIN」

 

「ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから」

 

 

見ないで頭の記憶をたどって書いたのでちょっと間違いはあるかもしれません。
少年だったぼくの心をえぐって音楽の世界に引きずり込んだ言葉達です。

 

残念なのは、ブルーハーツのライブに行っていないこと。
ぼくが大人になるころには解散しており、
心残りです。
この手のバンドは何よりライブが一番ですからね。

 

メンバーが宗教にハマって離脱してしまったための解散と聞きました。
厳しいかもしれませんが、復活してほしいし、是非ライブに行ってみたいと思わせてくれるバンドでした。