gコラム

 

ギターの音と記憶について

音楽や何かの音を聴いて、昔を思い出すことってありませんか?

 

昔好きでよく聴いていた曲を聴くと、その当時の家や、暮らし、
環境や人を思い出す。

 

それには理由があるらしく、脳には音と記憶を結びつける働きを持つ部分があるみたいですね。
ちなみに音以上に記憶を結びつけるのが、「匂い」だそうです。

 

 

ぼくは小さい頃父親のクラシックギターの演奏を聴いて育ちました。
「アルハンブラの思い出」や、「ラグリマ」、「禁じられた遊び」等です。

 

これらの曲を聴くと、小さいころ、父がまだ貧しくマンションで暮らしていた日常が浮かびます。

 

ただ、不思議なことにこの曲自体を聴いても思い浮かびません。
クラシックギターの音色で聴くと、思い浮かぶという感じです。

 

僕の脳は、昔の記憶はクラシックギターの音色と過去を結びつけているのでしょうね。
思い出すと懐かしく、ちょっと切ない気持ちになります。

 

ちなみに、他のパターンですと、ファミコンの音楽!
この前youtubeにファミコンのゲームの曲がUPされていました。

 

ツインビーとか、スーパーマリオ、グラディウス、魔界村、ドラゴンクエスト等等、
聴いた瞬間に、ゲームをている自分、弟や友達の家などが頭の中にあふれました。

 

 

これが音と記憶の結びつきの関係かぁと驚き、懐かしみました。
今聴いている音楽も、いつかそういう懐かしさとして、
脳に結び付けられているのかもしれないですね。