gコラム

 

日本の音楽シーンの心配

日本の音楽のレベル、まずくないかな・・・?

 

とかいう話をまわりから聞きます。

 

最近ぼくの周りのバンドをやっているプロのミュージシャン、
メジャーもインディースも音楽で稼ぐことが難しいです。

 

まあ、ミュージシャンは元々それだけで食っていける人は限られると思うのですが、
それにしても音楽の聴き方、売れ方が変わってきてるためますます苦しいことになってきているのは
事実かもしれません。

 

前にコラムで書いたのですが、
音楽はお金を出して聴くもの(CD等)だったのですが、今は違ってきてますよね。
気になる曲、気に入った曲はインターネットで聴く、
さらに気に入ったものだけお金を出してダウンロードする、あるいはCDを買う。

 

という感じに変化してきているので、CDで得ていた収益がない分、
ミュージシャン、レコード会社は苦しくなりますね。
そして新しいアーティストは出て来づらくなる。

 

もう一つ大きな懸念が!

 

音楽の商売が難しくなってきているため、レコード会社もアイドル、芸人等の音楽を売ったりして、
ヒットチャートにはミュージシャンがいない状態に・・・。

 

当然、人に影響を与えるアーティスト「この人みたいになりたい!」と思わせるミュージシャンがいなくなってきます。

 

このことが、新しい音楽家や曲を生み出すことの妨げになっているようにも感じます。
ぼくのまわりのギターの先生や、作曲家の先生達も、
自分達が若い頃に影響を受けたような凄い力を感じるミュージシャンが減って、
若手のミュージシャンを生み出す力に還元される作用がないようなことを話していました。

 

どうにかしてこのミュージシャンが育ちづらい環境を変えていけると良いですね。

 

もっともっと凄い曲、新しい曲、感動を産み出せるはずの日本の音楽シーンだと思うのです。