gコラム

 

ギターライトハンド奏法について

ギターの派手でカッコいい奏法と言えば、ライトハンド奏法と考える人も多いと思う。
右手でネック部分の弦を叩いて音を出す奏法ですね。

 

ぼくは高校生の時に、クラスの友達が文化祭のバンド演奏でライトハンド奏法しているのを見て、
やばい!!カッコいい!自分もこんなん弾けるようになりたい!!

 

と思いました。
単純です(笑)

 

さっそく始めたのですが、日本人の曲だと、Xのサイレントジェラシーとか、
洋楽だとイングヴェイマルムスティーンの曲とかですかね。

 

難しかった・・・

 

そして、派手な技術でも、地味な練習をコツコツ積み重ねて、陰で努力することが
必要なのを学びました。

 

なるべく指の先端をを使い、アタックをしっかりすることで、
綺麗な音になりやすいことに気がつきました。

 

イングヴェイとか弾きまくっていた友達は、ギターのフレットの部分彫刻刀等で丸くエグって、
指が少し触れただけで音がなるように改造していました。
(イングヴェイもそんな感じでギターを改造していたみたいです)

 

実際ぼくはそんなに上手くなかったので、簡単なライトハンドをライブ等でちょびっとだけ出す程度で終わりました。

 

ちなみに、ベースでもライトハンド奏法やる人いるんですね!
ギターよりさらに指の力が必要になるでしょう。

 

思ったのですが、弦楽器なら大抵のものはライトハンド奏法できるかもしれないですね。
まあ、共通して言えるのは、
派手でカッコいいテクニックだけど、まず基本が出来ていて、地道な練習を積み重ねないと、
ちゃんと身に付けることはでない、
ということでしょうね。

 

派手なテクニックの陰には、地道な練習!
覚えておきましょう♪