gコラム

 

分かれる作品の評価

ぼくは弟とよく映画の話をしますが、
かなり評価が分かれます。

 

弟が面白い!と言って進める映画があまり面白くなく、
ぼくが面白いと思う映画を弟はあまりそう感じない、ということがよくあります。

 

兄弟、同じ家庭、同じ環境で育ったのに、
面白いと感じるものが違うっていうのも面白いなと思いました。

 

弟はアメコミ系の映画が好きで、ぼくはアメコミ系別に嫌いではないのですが、
ストーリー重視。

 

弟はストーリー重視なとこもあるのですが、同じストーリーでも良い悪いが意見が分かれてしまったりします。

 

例えば第9地区という映画。
ぼくはこの映画ダメでした。 弟は良い映画だと褒めてました。

 

内容は
不時着した宇宙人を地球人が保護し、南アフリカの一部の地域を分け与え、
生活を提供し、生活を描く映画です。

 

ドキュメンタリー的な感じで話しが進むのですが、
テレビ中継をするリポーターが宇宙人の卵を焼き払うんです。

 

こんなものはね、燃やしちゃいましょう!みたいな軽いノリで。

 

いやいやいや、あり得ないでしょう。
何の権限があって、1リポーターが宇宙人の卵を殺しちゃうのでしょうか?

 

弟にこの話しをしたところ、軽薄な性格を描いているのだと。

 

うーん、納得できない・・。
やってることが現実ばなれしてますもんね、軽薄というか、頭がおかしいし、
それに対して何もお咎め無しという世界観。
ドキュメンタリーで描いている分、さらに不自然な感じがしてしまった。

 

 

話しは変わって、知人に進められたアニメを観ました。
すっごい面白いし、感動するから見て!

 

と言われみたいのですが、あまり面白くなかったです・・・。
これを、どう伝えて良いのか・・・

 

相手の気分を損なわないように、上手に伝えられれば良いのですが(笑)

 

人によって感じ方が違うので、作品を進める時は色々注意が必要だなと思った今日でした。