gコラム

 

ギターも歌も上手い人

ぼくの周りで、ギターも歌もかなりのレベルで上手い人がいます。
どうしたら両方の腕があがるんだろう、
そもそも、両方上手い人って何が違うんだろう?
とたまに考えてしまいます。

 

 

プロの人でもいますよね、秦 基博さんとか、個人的にはMIYABIさんが両方凄いハイレベルだと思います。

 

もう単純な答えなのですが、
歌もギターも上手い人は、両方好きで両方やりまくってるのだろ思います。

 

好きこそ物の上手なれって言いますもんね。

 

当然両方とも人を感動させるレベルで上手いとなると、センスが元々あったと考えられます。
プラス、歌ってる時間、ギターを弾いてる時間が人より長い、
つまり、人より音楽に接している、歌っている、ギターを弾いている時間が長いんだと思います。

 

好きだから練習が苦にならない、というかそもそも練習だとも思っていないという人もいるくらいです。

 

凄いですねほんと・・・。

 

 

ぼくみたいに一般レベルだと、練習、特訓、苦行に耐えて上達を目指す感じになりがちですが、
それだとなかなかもたないので、
やはり音楽を好きになる、歌うこと、ギターを弾くことを好きになることに力を注いだ方が、
実は手っ取り早いのではないかと思います。

 

 

繰り返し繰り返し歌ったり演奏したりしても苦にならないような歌、曲を選曲できるか、
出会えるかも重要だと思います。

 

そうして、一歩センスがある人達に近づけるのではないかなと。

 

キーポイントは好きこそ物の上手なれで、
苦にならないほど好き という曲に出会うこと、そこに自分を持っていくことかなと思います。