gコラム

 

久々の友人達と新宿でスタジオ練習

僕は2年に1度くらい、人間ドックに行くようにしています。
40代になったら1年半~1年に一度くらいにしようと考えているのですが、
理由はいたって簡単。

 

健康でありたいから。

 

やっぱり、幸せって健康の上になりたっている部分が大きいと思うんです。
病気になったら体力も気力も奪われて、いろんなことができなくなってしまいますもんね。

 

重い病気になってしまったら
ギター演奏やライブをやる気力はなくなってしまう可能性大です。

 

 

家の母方の家計が癌になりやすいのですね。
祖父は肺癌で死去、去年母は乳癌が見つかったのですが、
早期発見だったので、日帰り手術で済みました。

 

早い発見をすれば、大病にならないものが多いんですよね、
逆に言えば、発見が遅れて助かるはずの命が助からない、
そんな自体を避けるために定期的に人間ドックに行っている次第でございます。

 

人間ドックの大体検査の流れとしては、
まず病院に着いたら
まず予め郵送で送られてきていた検便を提出、
検査用の衣類に着替えてから、胸部のレントゲンを取って、
次は検尿。
採尿して提出。

 

そして数本採血。

 

そして体重、身長、視力、聴力、肺活量、眼圧を検査します。

 

その後、胸部から腹部にかけて超音波のエコー検査。
内臓がどうなってるかの確認ですね。

 

 

ぼくはその後オプションで申し込んでいました前立腺癌などを発見する直腸診をやりました。
これはお尻に指を入れられるのでかなり嫌なのですが、
癌の発見につながることもあるのでお願いしました・・・。

 

そして最後は、皆さんが嫌っているバリウムを使った胃検診です。
ぼくもこれは大一嫌いなのですが、
以前に比べるとバリウムを飲む量が少なくてすんでる気がします。

 

バリウムを飲んでレントゲンを撮ってから、
終わったら下剤をもらって着替えて終了。

 

受付で支払いを済ませた後、お食事券をもらって、
病院でご飯を食べて帰宅。

 

費用は4万2千円くらいでした。

 

健康ミュージシャンとして楽しく音楽と付き合っていきたいので、
次は来年の冬くらいに行こうと思います!