gコラム

 

フォークギターとクラシックギターの違い

フォークギターとクラシックギターは何が違うのか、結構一般の人は知らない方が多いみたいですね。

 

ぼくの部屋に置いてあるフォークギターとクラシックギターを見て、違いを質問されることがしばしばあります。

 

 

用途が違い、それに伴い造り構造も違うのですが、
ちょっと説明してみますね。

 

まず、フォークギター。
フォークギターは伴奏用、メインの歌や楽器の伴奏、バックを支える楽器であることが多いです。そのために、弦がスチールでできていて固く、ジャン!とかき鳴らした時のパワーがあります。

 

また、上から下にストロークしやすいように、弦の幅が狭くそのためネックも細いです。
なので、指弾きより、ピック弾きに向いていると言えます。

 

当然、指で弾いたり、バック伴奏としてではなくソロでギターを演奏する人も多いですが、
クラシックギターに比べるとその演奏は難しくなり、難易度が高く感じるでしょう。

 

伴奏主体のため、譜面はコードやタブ譜で読み取ることが基本となります。

 

 

次にクラシックギター
クラシックギターは伴奏用ではなく、それ一本で演奏することを目的に作られています。
親指で低音、人差し指、中指、薬指で別々のメロディーを奏で、
音楽自体をそれ1本のみで成立させます。

 

そのため、弦はナイロン弦で、強弱や表情を付けやすく、
パワーはフォークギターに劣りますが、表現力が高いです。

 

基本は指で弾くため、弦と弦の間が広く指が入りやすくなっています。
そのため、ネックもフォークギターに比べて細いです。

 

ぼくはアルハンブラの思い出など、クラシックギターをよく使って演奏しますが、
その手の1本で成立させる何度の高目の楽曲を
フォークギターで演奏しようとすると思うように弾けなくなります。

 

楽譜はコードではなく、五線譜となります。
ただし、近年タブ譜でクラシック用の演奏楽譜も結構出ています。

 

 

用途によって、クラシックギターとフォークギターを使い分ける形にできると良いと思います。