星優輔先生にギターについて質問してみよう♪

ギターの演奏やレッスンについて、様々な疑問を星優輔先生に聞いてみよう♪
Q&Aにないことも、是非お問い合わせください。

*星先生のレッスンお問い合わせ、プロフィールページはこちら

1.

m_e_inquiry_100 ギターを持っていないのですが、最初はどんなギターを買えば良いでしょうか?
m_e_inquiry_101

1本目のギターは自分が気に入れば何でも良いと思います。
どんなに高価なギターを買っても、ギターが好きになれないと練習する気にもならないと思いますので。
好きな色でも良いですし、好きなアーティストが使っているギターでも何でも良いと思います!

2.

m_e_inquiry_100 エフェクターって沢山あって良くわからないのですが、何を買えば良いですか?
m_e_inquiry_101

欲しい音が出る機材を買うのが理想ですが、初めてでとりあえず使ってみたいというのであれば、
マルチエフェクターがオススメです。
1つ買えば色々な音が出せるので、色々なエフェクターの勉強になりますよ。

3.

m_e_inquiry_100 音楽理論は勉強しなければいけませんか?
m_e_inquiry_101 どこを目指すかにもよりますが、知っていると便利な事は沢山あります。
とは言っても、何から手を付ければ良いかわからないと思いますので、レッスンの中で必要な部分から順にお伝えしますね。

4.

m_e_inquiry_100 休日しか練習出来ないのですが、ギターが弾けるようになりますか?
m_e_inquiry_101

「ギターが弾ける」という事の定義が難しいですが・・・
毎日練習が出来る方が上達は早いと思いますが、休日しか練習が出来なくても
「弾けるようになりたい」と思う気持ちがあれば、絶対に弾けるようになります!
あまり周りを気にせずに、自分のペースで上達していきましょう!!

5.

m_e_inquiry_100 楽器店や本屋に教則本が沢山売っていますが、これを見ればレッスンを受ける必要はないのでしょうか?
m_e_inquiry_101 たしかに世の中には沢山の教則本やDVDがありますね。
正確に自分の現状を分析することが出来れば、レッスンを受けなくても上達する事は可能だと思いますが、
教則本やDVDでは、現状をチェックして指摘をしてもらう事が出来ないですし、
万人向けに作られている事が多いので、レッスンで個々に合わせてチェックや指摘をしてもらう方が
上達は早いと思います。

6.

m_e_inquiry_100 手が小さい(指が短い)のですが、ギターは弾けますか?
m_e_inquiry_101

手の大小や、指の長短は確かに気になる部分ですよね。
結論から言ってしまうと、手が小さくても問題ありません!
たしかに手の大きな人と同じように弾く事は出来ないかもしれませんが、ポジションを変えたり、
運指を変えれば全く弾けないということはありませんので安心してください。
手の小さい人でも弾きやすいギターもありますしね。

7.

m_e_inquiry_100 周りの目が怖くて楽器店で試奏が出来ません・・・
m_e_inquiry_101 たしかに最初は怖いですね。
でも、楽器店での試奏は発表会ではないので、難しい事をする必要なんてないんです。
楽器のチェックが出来れば良いので、堂々と確認したいことを確認しましょう!
初めてのギター購入であれば、店員さんに弾いてもらうのも一つの方法です。


8.

m_e_inquiry_100 家でアンプを使えないのですが、どうやって練習すれば良いですか?
m_e_inquiry_101 エレキギターの場合は、ギター+アンプやエフェクターがあって成立する楽器です。
爆音にする必要はないので、何とかアンプを使って練習したいところですね。
TVと同じくらいの音量までアンプのボリュームを絞ったり、ヘッドフォンを使ったりして、
ぜひアンプを使って練習してください!
アンプを通さずに練習すると、ピッキングが強くなったり、ノイズを処理出来なかったりと、
良い事はありません。

9.

m_e_inquiry_100 毎日練習するのが良いとはわかっているのですが、どうしても面倒に感じてしまう日があります・・・
m_e_inquiry_101

どうしてもモチベーションが上がらないときはムリに練習する必要はないかもしれませんね。
でも、次の日に「昨日は練習出来なかった」などと罪悪感を感じてしまうのであれば、
やる気が出ない時でも「とりあえずギターを持つ」というのもオススメです。
ギターを持つだけであれば数秒の事ですが、意外と持ってみたら弾き始めちゃうということもありますよ。

10.

m_e_inquiry_100 スケールを覚えても使い方がわかりません。
m_e_inquiry_101 これはアルファベット26文字を覚えても英語が話せないのと同じですね。
スケールを覚えたら、そのスケールを使ったフレーズを覚えていきましょう。

11.

m_e_inquiry_100 日々、どんな練習をすれば良いですか?
m_e_inquiry_101

目指す所や現状の実力によって必要な練習も変わってきますので、全ての人に共通した練習メニューを作るのは難しいです。
レッスンに来ていただければ、個々に合わせて必要な練習内容の組み立ても手伝いますよ。

12.

m_e_inquiry_100 長時間弾いていると手が疲れるのですが・・・
m_e_inquiry_101 本当に弾く時間が長過ぎるのであれば、適度に休憩を入れましょう。
「ギターを弾く」という動きは、普段はあまり使わない筋肉を使っていますからね。
あとは、フォームが良くなくて疲れてしまうという人も多いので、
すぐに疲れてしまうのであれば、一度フォームのチェックをしてみましょう。

13.

m_e_inquiry_100 レッスンで弾いてみたい曲があるのですが、楽譜が売っていません。
m_e_inquiry_101

将来的には耳コピが出来るようになると良いですね。
最初は難しいと思いますので、事前に言っていただければこちらで譜面を探したり、
耳コピをして譜面を書いていく事も可能ですので、弾いてみたい曲があれば相談してください。

14.

m_e_inquiry_100 ライヴに出たいのですが、どうすれば良いかわかりません。
m_e_inquiry_101 ライヴハウスへの出演にも色々な方法があります。
出演するにあたってオーディションがあるライヴハウスもありますし、費用も様々です。
初めは緊張すると思いますが、出たいと思うライヴハウスに連絡してみるのが一番早いです。

15.

m_e_inquiry_100 立って弾く練習をした方が良いですか?
m_e_inquiry_101

練習時の姿勢ですが、本番を想定するのが一番良いと思います。
ライヴで立って弾く人は立って練習をする必要があると思いますし、
本番でも座って弾く人は座って練習をすれば良いでしょう。
どちらにしても、ギターの構え方でも弾き心地はかなり変わってくるので、
体に負担のない姿勢で練習をするのが大切です。

16.

m_e_inquiry_100 どんなピックを使ったら良いかわかりません。
m_e_inquiry_101

一般的に硬いピックでは硬い音、柔らかいピックでは柔らかい音が出ると言われています。
また、大きいピックだとコードストロークがやりやすく、小さいピックでは速弾き等に向いていると言われています。
自分の演奏するジャンルや、出したい音によってオススメのピックは変わってきますので、
まずは色々なピックを試して、手に馴染むピックを見付けてください。
同じ堅さ、同じ大きさでも、材質によってもかなり変わってきますよ。

17.

m_e_inquiry_100 どんな弦を使えば良いでしょうか?
m_e_inquiry_101 楽器店には各メーカーから沢山の弦が出ていて、購入時には悩みますよね。
弦に関しては、音も変わりますが弾き心地も変わりますし、値段も様々ですので、
色々な種類を試しながら弾きやすい弦、好きな音が出る弦を選ぶのが良いと思います。
同じ種類の弦でも太さが違うと弾き心地も音も変わるので、どんどん試してみてください。

18.

m_e_inquiry_100 CDのような音が出ないのですが、弾き方が悪いのでしょうか?
m_e_inquiry_101

弾き方によっても音は変わりますが、エフェクターやアンプの使い方でも大きく音は変わります。
出したい音を教えていただければ、近付けるために何が必要か相談に乗りますよ。

19.
 

m_e_inquiry_100 楽譜が読めないのですが、ギターは弾けますか?
m_e_inquiry_101

ギターにはTAB譜というギター用の楽譜もあるので、五線にかかれた譜面が読めなくても大丈夫です。
ただ、練習した内容を記録しておいたり、レッスンで弾いたフレーズを残しておく手段として
最低限の知識はあった方が便利ですね。
基礎的な部分はレッスンでもお伝えしていくので、楽譜が読めなくても安心してレッスンに来てください!

20.
 

m_e_inquiry_100 速いフレーズが弾けません。速弾きの才能がないのでしょうか?
m_e_inquiry_101

これは、現状を見てみないと何とも言えない部分ではあるのですが、
右手、左手のフォームのチェックをしつつ、遅いテンポから練習をしていくというのが重要だと思います。
ある程度の速さまでなら、才能なんて関係なく誰でも弾けるようになります。