高橋龍司先生に様々な質問♪

ギターの演奏やレッスンについて、様々な疑問を高橋龍司先生に聞いてみよう♪
Q&Aにないことも、是非お問い合わせください。
*高橋先生のレッスンお問い合わせ、プロフィールページはこちら


1.

m_e_inquiry_100 (初心者の方で)まず何をしたら良いですか?
m_e_inquiry_101

自分が弾いてみたいと思う曲を見つけるのが大事です。
弾いてみたい曲が見つかれば、コードの押さえ方から曲の特徴、その曲を弾く上でのコツを教えます。
もちろん、漠然と「上手くなりたい」「色々な曲を弾けるようになるたい」でも構いません。
ギターを弾く前のウォーミングアップから、基礎的な演奏法まで生徒様のスピードに合わせて教えていきます。

2.

m_e_inquiry_100 どんなギターを買えば良いですか?
m_e_inquiry_101

一概にどれが良いと決める事は出来ませんが、ギターの種類や特徴、その他機材の選び方など、話しながら自分にあったギター選びをお手伝いします。

3.

m_e_inquiry_100 Fコード(セーハ)が上手く押さえられません。
m_e_inquiry_101 握力が弱かったり手の小さい女性に多い質問です。左手の人差し指よりもネックを押さえる親指に力を入れた方が良いです。慣れてくればそんなに力を使わなくても押さえられるようになります。
大体2~4回のレッスンでコツを掴めるようになります。

4.

m_e_inquiry_100 指が痛くて弾けません。
m_e_inquiry_101

僕も長時間練習していると指が痛くなる事があります。
無駄な力が入っていたり、無理な姿勢で弾いているなどが主な原因です。
痛くなったら無理せず休んだ方が良いです。時間が経って痛みが引いてから練習再開して下さい。
慣れてくると指先が固くなり、そこまで力を入れなくても演奏出来るようになります。

5.

m_e_inquiry_100 右手のストロークが上手く出来ません
m_e_inquiry_101 始めはゆっくりで、ぎこちなくても良いのでオルタネイト(ダウン、アップ)ストロークを繰り返し、からピッキングを意識して下さい。
慣れてきたらテンポに合わせて、足や体でもリズムをとったり、強弱を意識すると良いです。

6.

m_e_inquiry_100 コードチェンジが上手く出来ません
m_e_inquiry_101

遅い曲でもコードチェンジは素早く行わなければいけないので難しいですよね。
曲の中で次に何のコードが来るかを意識して下さい。
例えば解放弦を使ったC→Amというコード進行があったら「Cのときの薬指をずらせばAmになる」などと考えてやると覚えが早いです。

7.

m_e_inquiry_100 ギターを弾くモチベーションが上がりません。
m_e_inquiry_101 僕にもそんな日はあります。
そういう時は無理して弾こうとせず、自然と弾きたくなるまで待ちます。
おすすめは、好きなアーティストや友達のライブを観るとモチベーションが上がりやすいです。
あとは、「出来るようになってくるとよりギターが楽しくなる」という事もあるので、今つまらなくても「とりあえずやってみる」という考え方も上達には必要かもしれません。


8.

m_e_inquiry_100 どうしたら上手くなりますか?
m_e_inquiry_101 「たくさん練習する!」というのも大事ですが、
途中でモチベーションが下がったり、難しくて挫折してしまうこともあるかもしれません。
レッスンではモチベーションを維持しつつ楽しく練習するコツを教えていきます。
上達していく喜びを感じれるよう心がけています。

9.

m_e_inquiry_100 音作りが上手く出来ません。
m_e_inquiry_101

まず自分の出したい音、好きな音を見つけるのが第一歩です。
しかし、家でやスタジオ、ライブハウスでなど様々な場面で音作りのコツは変わってきます。
レッスンでは、ギターやアンプ、エフェクターの説明、その効果やセッティング例など、実際に機材を使って教えていきます。
出したい音が明確にある場合は、その音の特徴、機材やアンプのセッティング、弾き方を含め、音源を聴いて研究して行きましょう。

10.

m_e_inquiry_100 楽譜は読めた方が良いですか?
m_e_inquiry_101 まずはその曲をたくさん聴く、という事が大事です。
あとはその曲のAメロ、Bメロ、サビなどと区切って練習してみるのがいいと思います。

11.

m_e_inquiry_100 曲中、いつも同じところでつっかえてしまいます。
m_e_inquiry_101

「つっかえたら最初から~」ではなく、つっかえてしまうポイントだけを切りとって練習してみて下さい。
メトロノームを使って、ゆっくりなテンポで練習するのもいいと思います。

12.

m_e_inquiry_100 作曲が途中までしか出来ません。
m_e_inquiry_101 作曲の仕方には人それぞれあると思いますが、これを質問した生徒様は難しいアレンジを、ギターを弾きながら考えていました。
まずはシンプルで良いので一曲作って形にしてみて下さい。
そこからアレンジを凝ってみるのがいいと思います。
アレンジのしかたは、色々な音楽を聴いて模倣し、試しながら研究するのが基本です。
トライ&エラーを繰り返しながらも、要点を押さえて成長していくのをお手伝いします。

13.

m_e_inquiry_100 早いフレーズが弾けません。
m_e_inquiry_101

いきなり速く弾こうとはせず、指の動きを考えながらゆっくりなテンポから練習してみて下さい。
慣れてきたら少しずつテンポを上げていくのがコツです。

14.

m_e_inquiry_100 どうやったらアドリブ演奏が出来るようになりますか?
m_e_inquiry_101 ある程度ギターが弾けるようになってきた方から多い質問です。
音楽理論や高度な演奏力が必要と思われがちですが、実はそんな事はありません。
レッスンではTAB譜や簡単なコードを使いながら一緒にセッションする形になります。
アドリブのコツが掴めてくると、それが耳コピや作曲にも繋がってきます。
テクニカルな事よりも「やってみる」という姿勢が大事なので、飛び込んできて下さい。

15.

m_e_inquiry_100 耳コピには絶対音感が必要ですか?
m_e_inquiry_101

そんな事はありません。僕も絶対音感はないです。
音源を聴きながら、色々なギターのポジションを押さえて似てる音を探すのが基本です。
イントロ、Aメロなどと区切ってメモしながら進めていくと良いと思います。
その他にもコツはあるので、音源の聴き方から耳コピに役立つ知識などをレクチャー致します。

16.

m_e_inquiry_100 音楽理論は必要ですか?
m_e_inquiry_101

あるに越した事はありません。
しかし理論がわからなくても素晴らしい演奏をするミュージシャンはたくさんいます。
ご要望であれば基礎的な理論から、ギタリストの目線での必要な知識、アドリブや作曲等に役立つ知識をレッスン致します。

17.

m_e_inquiry_100 近日ライブがあり、そのライブ絡みでセッティングの仕方など緊急で聞きたいことがあります。今日のレッスンの内容を変更して聞いてしまっても大丈夫ですか?
m_e_inquiry_101 もちろん構いません。良いライブになるよう最大限ご協力できればと思っております。

18.

m_e_inquiry_100 1日どれくらい練習しますか?
m_e_inquiry_101

日にもよりますが全く触らない日から、多くて8~10時間くらい弾く日もあります。
時間はあまり意識せず、「出来るまでやってみる」という感じで弾いていますね。

19.
 

m_e_inquiry_100 先生は普段どんな練習をしていますか?
m_e_inquiry_101

指のウォーミングアップからリズム練習、曲を耳コピしてアドリブのフレーズに取り入れたり…
後は色々な音楽をよく聴くようにしています。
そこからアドリブやアレンジのヒントを得たり、音楽の歴史を追って行くのも楽しいですよ。